Seed's Create

地域活性の仕組作り

 

「働く」のパラダイムシフトを起こすことを目指すプロジェクトミライ企業プロジェクト

ミライ企業プロジェクト

背景

就職難と言われる昨今、有効求人倍率は3〜4倍と売り手市場が続いています。また、新卒就職者の入社3年目までの離職率は30%台で軒並み推移。多くの若者が苦労して入社したにも関わらず、企業を早期で離職しているという状況が見てとれます。

こうした問題を受けて、社会で働く力・生きる力を育成する「キャリア教育」の導入が2011年から大学で義務化されましたが、実践型教育である「PBL教育(Project-Based Learning 課題解決型学習)プログラム」の整備が進んでいないのが現実です。

そこで、昨年から私たちは学生団体と共に、学生と企業をマッチングするためのフリーペーパー「Sense」を発行するなどの取り組みを行ってきました。

概要

このプロジェクトでは“若者の働く意識”“大学のカリキュラム”“企業の経営志向”について同時に意識改革を進めていきます。

ものづくりの職人さんと製品ができるまでのプロセスの話をしていたとき、ものすごい技術、こだわり抜いた素材が使われているにも関わらず、声を大にしてそれを言わない。そこから、「当たり前のように良いものをつくる」という職人さんの想いが感じられました。

そんなものごとの裏側にある“本当の価値”を伝えていきたいと思ったのが、このYAOLAを始めたきっかけです。

アクション

大学生を中心とした若者に対しては、企業とのマッチングを図る新たなフリーペーパー「READY」を発行し、希望者に対する個別面談やワークショップ、就職活動前のインターン・職場体験など、より踏み込んだサービスを提供。

大学に対しては、「PBL教育プログラム(ミライ企業経営者の教育テキスト、大学での授業、職場でのインターン、実践的な課題の設定など)」の提供を行います。

企業に対しては、理念の浸透や人材育成、独自性、社会性、持続可能性などの要素をもとに「ミライ企業」の基準を設定。企業価値向上に向けて共に取り組んでいきます。

全国展開を見据え、今夏より大阪・沖縄の2つのエリアで既にサービスを開始。今後、若者の“働く”意識のパラダイムシフトを起こすため、キャリア教育を推進する全国の団体と連携し、3年後には関西30大学、全国100大学で「ミライ企業」をテーマにした「PBL教育プログラム」の提供を目指します。

「READY」設置箇所

各大学のキャリアセンター、キャリア支援課にご協力を頂き、媒体を設置させて頂いております。

大阪府

大阪大学 / 大阪府立大学 / 関西大学 / 近畿大学 / 摂南大学 / 桃山学院大学

兵庫県

神戸大学 / 兵庫県立大学 / 関西學院大学 / 甲南大学 / 甲南女子大学 / 神戸学院大学

京都府

京都府立大学 / 立命館大学 / 同志社大学 / 同志社女子大学 / 龍谷大学

外部リンク

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから >

TEL:072-948-7721 FAX:072-948-7724